生粋の日本製アイテムを採用する 東京都 K.N様

チェアー・スツール
満足度
5/5

コンクリートウォール、グレーのタイルフロア、ブラックのキッチンキャビネット、ステンレスカウンターと、徹底的にモノトーンに統一したDKエリアに合うハイスツールをずっとインターネットで探していて、(検索ワードは、Black high stool, bar stoolなど)出てきたオプションの中でずっと気になっていたのが、このcondehouseさん のKOTANというシリーズから出ているハイスツール。

調べてみるとこのシリーズのデザイナーは日本を代表するプロダクトデザイナー深澤直人氏、家具のアトリエは北海道、旭川と知り、地産地消じゃないけど、今回自宅にある家具の中に初めて生粋の日本製アイテムを採用出来ることにポジティブなポイントを見出し購入を決めさせて頂きました。

1点ご検討されている方にアドバイスとしとは、インターネットの写真ベースでイメージしていた私が、東京店をビジットして実物を見て想定外だったのは他の多くのメーカーのハイツールに比べて、座面の直径が420と少しボリュームがあること。
W2400のわが家のアイランドキッチンに4脚プランをしていましたが、最終これを採用したことで3脚に変更。
でも広い座面のおかげで座り心地は快適です!

その他、嬉しかったポイントはディテールな部分だけど、フットレストを(追加料金を払えば)ステンレスヘアライン仕上げに変更できるというポイント(今回は前後両方ステンレスに変更済)と、納品時に初めて知って感動したのは、細かいことだけど、座面裏に貼られたブランド名、デザイナー名、製造年月の表記ラベルが、高級感のあるステンレス製だったこと。

カンディハウスさん、今回はありがとうございました。これから愛用していきたいと思います。

084K.N_04
084K.N_03
084K.N_02

ご愛用製品について詳しく見る

KOTANハイスツール

1.KOTAN ハイスツール(木座)

「次代のロングライフプロダクト」を目指して深澤直人氏と開発したシリーズ「KOTAN」。ハイチェアーやハイスツールが加わり、生活スタイルや働き方が多様化する現代に寄り添うシリーズに発展しました・・・

丸テーブルのある暮らし方おすすめランキング

理想の暮らしを提案する『スタイルブック』をプレゼント

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP